流通NETIB

イオン、GSSIに参画 アジアの小売業で初

2017年10月27日13:49

 イオン(株)(本社:千葉市美浜区、岡田元也代表)は27日、「世界水産物持続可能性イニシアチブ(GSSI)」にアジアの小売業として初めて参画すると発表した。

 GSSIは持続可能な水産物の普及に向けて取り組む機関で、各国の漁業者・水産関連企業や非政府組織などが参加している。世界に多数存在する水産物に関する認証について、FAO(国連食糧農業機関)などのガイドラインに基づき審査・認定することで、各認証制度の信頼性の担保、改善に取り組んでいる。

 GSSIへの参画によりイオンは、日本・アジア特有の魚種の持続可能性の確保に向けた情報発信、漁業者をはじめとする多様なステークホルダーとの連携による持続可能な水産物の流通拡大に努める方針としている。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル