流通NETIB

ショッピングセンター、9月売上高は前年比1.4%増

2017年10月24日12:00

 (一社)日本ショッピングセンター協会は23日、9月の既存ショッピングセンターの販売統計調査を発表した。総合では前年比1.4%増となり、7カ月連続で前年を上回った。テナントも同1.5%増で7カ月連続の増加。キーテナントは同0.9%増で、10カ月連続ぶりに前年を上回った。

 地域別で見ると、東北(同2.3%増)、関東(同1.7%増)、中部(同1.4%増)、近畿(同2.4%増)、中国(同0.5%増)が前年を上回った。一方、北海道(同0.1%減)、北陸(同2.7%減)、四国(同2.5%減)、九州・沖縄(同0.6%減)は前年割れとなった。西日本は台風による臨時休館の影響も出た。福岡市単独では総合が同2.4%増と好調だった。

 9月は全国的に気温が平年を下回ったことで、秋物関連の商品が好調だった。また、不振が続いていた店舗の入れ替えなどにより活性化を図った結果が表れてきたことが、好調の要因の1つとしている。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル