流通NETIB

リテールパートナーズ、第2四半期決算は大幅増収

2017年10月16日15:02

 (株)リテールパートナーズ(本社:山口県防府市、田中康男代表)が10月13日に発表した2018年2月期第2四半期決算(連結)は、営業収益が1,159億7,200万円(前年比64.5%増)、営業利益が26億7,200万円(同16.1%増)、経常利益が29億5,600万円(同19.2%増)、当期利益が194億4,600万円となった。

 事業別で見ると、スーパーマーケット事業の売上高は1,079億2,000万円(同70.4%増)、営業利益が25億2,400万円(同25.0%増)、ディスカウント事業の売上高は79億7,300万円(同13.2%増)、営業利益が1億7,300万円(同5.0%増)だった。

 主要事業会社別の売上高は、丸久が431億6,900万円(同3.4%減)、マルミヤストアが138億7,100万円(同5.0%増)、新鮮マーケットが42億6,500万円(同209.1%増)マルキョウが424億5,700万円(非開示)だった。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル