流通NETIB

大規模小売店舗の新設届出、8月は九州・沖縄11件

2017年10月3日13:46

 経済産業省は2日、8月に申請された大規模小売店舗立地法に基づく新設届出件数を発表した。九州・沖縄地域の届出は11件だった。内訳は、ドラッグストア6件、スーパー2件、ディスカウントストア1件、衣料小売1件、商業施設1件となっている。

 ドラッグストアの動向を見ると、7月の九州・沖縄地域での届出は3店舗だったが、8月はドラッグコスモスが宮崎・鹿児島に3店舗、ドラッグストアモリが鹿児島・沖縄に3店舗を届け出た。

1003_tenpo_s

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル