流通NETIB

JR九州、タイに不動産開発の現地法人を設立

2017年9月29日13:54

 九州旅客鉄道(株)(本社:福岡市博多区、青柳俊彦社長)は28日、タイに新会社を設立すると発表した。企業名は「タイ JR 九州キャピタルマネジメント(株)」。主に不動産開発事業を手掛ける。資本金は1億2,500万バーツ(約4億円)で、JR九州の出資比率は49%になる見通しだ。設立は11月を予定している。

 海外での不動産事業参入は初めて。タイ現地法人の設立に向けて、今年5月にバンコク事務所を開設し、タイの不動産開発に関する情報収集と検討を進めていた。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル