流通NETIB

中尾食品工業、こんにゃく5商品を回収へ

2017年9月5日16:03

 大阪府は4日、中尾食品工業(株)(本社:大阪府堺市、中尾友彦社長)がこんにゃく5商品の自主回収を行うと発表した。一部のこんにゃくで、pHの変化にともない形状・保存性の変化が認められたため。

 対象は、賞味期限が「2017.10.16」の『国産生芋 本造り芋板こんにゃく 250g』、『缶蒸熟成 生いもミニ板こんにゃく 120g』、『無地 生いも板こんにゃく 250g』、『無地 生いも角こんにゃく 370g』、「2017.10.17」の『ミニ蒟蒻 芋つき 130g』の5商品。

 保存性の低下にともなって、腐敗(溶解)が進んだ商品を口にした場合、健康被害の恐れがあるとしている。

【松ケ迫 美貴】

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル