流通NETIB

「JR博多シティ」売上高過去最多! 年間入館者数7,000万人突破

2017年4月11日14:19

(株)JR博多シティ(福岡市)が運営する博多駅内の商業施設が軒並み好調だ。2016年度の売上高は1,061億円。前年比から約102.5%の伸びを見せた。2016年4月に開業したJRJP博多ビルも予想を上回る売上高を記録し、好調だった。
施設単体の売上高をみると、「アミュプラザ博多」が389億円(前年比101.7%)、「アミュエスト・博多デイトス・デイトスアネックス・コンコース」が204億円(前年比 95.1%)、「JRJP博多ビル」が24億円(計画比132.0%)、「博多阪急」が444億円(前年比 101.3%)だった。
また、アミュプラザ博多・博多阪急・アミュエスト・博多デイトスの4施設合計の年間入館者数が約7,055万人となり、開業以来最多記録を更新した。

2016年度はKITTE博多・博多マルイ開業による相乗効果もあり、年間を通して博多エリアは大きな賑わいを見せた。今年は、すでに広告モデルにタレントのベッキーを起用したことで話題を集めている。話題性重視の戦略が集客に繋がるかに今後注目される。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル