流通NETIB

「都城大丸」跡地、複合施設建設19年春開発目指す

2017年4月5日14:13

 都城大丸跡地に、19年春以降を目途に地上13階建ての複合施設が建設される。現在、市の民間施設立地支援事業の事業者選定において、(株)センター・シティ(宮崎県都城市)が応募。優先交渉権者として決定している。同社は地元10社・法人で構成されており、代表取締役の安田耕一氏は都城商工会議所の会頭を務める。

 計画では、地上13階建てのビルにシティホテルやスーパーなどが入る予定。シティホテルは「宮崎観光ホテル」(宮崎県宮崎市)が運営する見通し。建物の1階にスーパー、2、3階に貸事務所、4階以上にホテル(約130室)が入る予定となっている。着工は18年1月予定で、総事業費は約27億円と見込まれる。都城商工会議所は今回の開発に関し、「複合施設を建設することで、中核となる施設を築き、賑わいの創出・中心市街地の活性化を図りたい。周辺には市の図書館等の設立予定もあるので、官民一体型の活性をコンセプトとしている」と話す。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル