流通NETIB

マックスバリュ九州、17年2月期の業績予想を上方修正

2017年3月30日15:30

 29日、マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉代表)は、2017年2月期通期の業績予想を上方修正した。

 16年4月に発生した熊本地震により営業停止や営業時間の短縮を余儀なくされた店舗があったものの、5月初頭には全店舗の営業再開が実現できたことに加え、客数が前年を上回り、売上高が計画を超過し堅調に推移したとのこと。なお、店舗の減損損失として2億8,600万円を新たに計上し、17年2月期において特別損失11億3,800万円を計上するが、通期業績はすべて前回の業績予想を超過する見通しとなった。

 修正された17年2月期の業績は、売上高1,700億円(前回予想比40億円増)、営業利益26億2,000万円(同比4億7,000万円増)、経常利益26億5,000万円(同比4億5,000万円)、当期純利益10億5,000万円(同比4億5,000万円増)となっている。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル