流通NETIB

九州最強の流通企業 三角商事(株)(1)

2017年3月16日10:48

 競合相手に恐れられ、九州最強のディスカウントストア(DS)といわれるルミエール。安売り店にもかかわらず推定経常利益率5%の高収益と完全無借金経営を誇る。グループ年商600億円を超えながら、個人商店経営を守り、実態はベールに包まれる。そんな同社が直面するのが深刻化する人手不足だ。低廉で豊富な労働力を活用できた時代は終わり、人件費の増大は避けられない。事業規模の拡大で遠くない将来には「脱個人商店」に移行せざるを得ないと見られる。

hyou1

※続きは3月16日の流通メルマガNo.2808号で。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル