流通NETIB

最新の什器備品などが充実!全国のスーパー売場の英知を結集する河淳

2017年3月10日10:02

 「スーパーマーケット・トレードショー2017」が千葉の幕張メッセにて開幕した。2月15日から17日までの3日間で8万6,768人を動員するなど関心の高さが伺える。来る3月15(水)~17日(金)にはもう一つの大きなイベント「エフピコフェア2017」が東京ビッグサイトで幕を開ける。視察に東京へ訪れる九州のスーパーマーケットの経営者、バイヤーも多い季節となっている。その際、せっかく東京に来たからという理由で、河淳(かわじゅん)のショールームを訪れる人たちも少なくないようだ。

 河淳といえば、快適空間の創造を目指し、スーパーの売場提案や什器、備品などの開発・販売で著名な企業である。九州では福岡、熊本に拠点を持ち、全国にネットワークを有する同社の東京本社ショールームには、新しい提案がちりばめられた仮想のスーパーマーケット売場が展示されている。鮮魚、精肉、青果、惣菜の生鮮4品に加え、グロサリーなどの最新の什器・備品などが展示されている。今のスーパーのトレンドがわかるという理由で、経営者、バイヤーの間で話題となっているようだ。

 毎年2回リニューアルする展示スペースはトレンドや時代背景を反映させている。2月6日にリニューアルを行ない、什器、皿といったオリジナル商品が充実。「少量でもボリューム感のある売場が提案できます。品薄感を感じさせず、ロス軽減や売場の魅力を全面的に出せるのが特徴」と同社はコメントする。

 新しい売場の提案で売上アップに繋げる。そのようなヒントがたくさんあるのが特徴だ。新年度がスタートし、今年1年を乗り切るために売場作りの強化は必須項目。東京のスーパーマーケット関連のイベントに立ち寄った際は足を運んでみてはいかがだろう?

◆詳細はこちら>>

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル