流通NETIB

赤字転落した「かっぱ寿司」 社長交代へ

2017年2月28日13:21

 大手寿司チェーン店「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイト(株)は、4月1日付けで四方田豊社長が退任し、後任に大野健一取締役が就任する。

 同社は、2017年3月期の通期連結業績予想を大幅に下方修正したばかり。当初は当期純利益11億7,700万円の計上を予想していたが、2月10日に59億円の最終赤字に下方修正していた。
 修正された17年3月期の予想は、売上高は788億3,200万円(前回予想から約38億円減)、営業損失9億3,400万円(約28億円減)、経常損失7億3,700万円(約28億円減)、当期純損失59億400万円(約70億円減)

 四方田氏は、昨年10月にトレードマークの「かっぱ」を封印し、ブランドイメージの改革に踏み切るなど大胆な経営戦略を行っていたが、結果はともなわず。
 親会社のコロワイドもカッパ・クリエイトの赤字の影響を受け、17年3月期の連結最終損益で19億6,800万円の赤字を計上する見通しである。

 新社長となる大野氏は、カッパ・クリエイトと同じコロワイドグループ傘下の(株)バンノウ水産の代表取締役社長を務めている。また、コロワイドMD商品開発部長、同社営業本部長兼商品開発部長などを歴任している人物。

 そのほか、都市型事業本部長の平林徹氏、営業本部長の相沢敏之氏の取締役2名も2月28日付けで退任する。

【松ケ迫 美貴】

▼大野健一(おおの けんいち)氏の略歴
1974年1月:生まれ
2003年4月:コロワイド東日本入社
2006年4月:コロワイドMD商品開発部長
2010年6月:同社営業本部長兼商品開発部長
2012年10月:(株)バンノウ水産代表取締役社長(現任)
2016年6月:カッパ・クリエイト取締役(現任)

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル