流通NETIB

地ビール工房「ブルーマスター」――福岡のクラフトビール

2017年2月24日15:34

brewmaster 近年若者のビール離れが進むなか、クラフトビールが注目を集めている。クラフトビールとは小規模で独立したブルワリーが醸造するビールのことで、独特の味わいと香りが特徴である。大手ビール会社が大量生産するビールに対し、クラフトビールは生産者や地元の特徴が色濃く表れる。福岡県でも地ビールは生産されており、その中でもビール一筋で経営を行っている会社が、「ブルーマスター」を看板商品とする(有)ケイズブルーイングカンパニー(本社:福岡市城南区、加藤秀則)だ。

 代表の加藤秀則氏が創業したのは2001年5月。当時は90年代後半の「地ビールブーム」が終焉したばかり。創業にあたって周囲に賛同する人はいなかった。しかしビールに対する熱意は止まらず、必死で製造免許を取得し、夫婦で創業するに至った。製造から販売までゼロからのスタートだった。

 2000年代に入り、ビール市場は価格の低い発泡酒や第3のビールが席巻している。その中で加藤氏はお客さんに自分の口に合うビールを見つけてもらうことを喜びに、自らの至上命題としている。開業当時はオーソドックスなエールビールを生産していたが、地元のいちごを使ったエールビールなどフルーティーな商品もそろえるようになった。現在販売に際して特に力を入れているのがクラフトビールを提供するイベントだ。主催している「九州ビアフェスティバル」は好評で今年は6回の開催を予定している。直接お客さんと触れ合うのも、自分のビールを見つけて欲しいという加藤氏の思いが形になったものだ。

 「日本人の口に合うエールビールを」――。加藤氏の熱意が信念となり、多くの人の共感を得ている。

【木村 尚基】

▼関連リンク
・THE BREWMASTER 公式HP​

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル