流通NETIB

ふくや、持ち株会社制へ M&A視野

2017年2月8日10:57

 老舗明太子製造販売の(株)ふくやは、4月にも持ち株会社へ移行する。不動産賃貸業の(株)かわとしにふくやの全株式を移転し、グループの事業会社はその傘下に入る。かわとしはグループ各社の株式を保有する持ち株会社となる。

 資本関係を明確にすることで、グループ企業のガバナンスを強化。M&AやIPO(新規株式公開)などの意思決定の迅速化を狙う。

 同社は「経営の管理を一社に集中し、効率化を図っていく」とコメント。

 今年4月1日には20年ぶりの社長交代が行われ、新たに川原武浩副社長が代表取締役社長に就く。武浩社長は同日付で、かわとしの代表取締役社長も兼任する予定だ。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル