流通NETIB

イズミヤ、関東圏から撤退。関西へ集中する方針

2017年2月6日14:16

 阪急百貨店などを中心に、小売事業を展開するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング(株)(本社:大阪市北区、鈴木篤代表)傘下の総合スーパー、イズミヤが関東から完全撤退する。

 関東1号店である牛久店(茨城県牛久市)は2月1日に閉店、千葉市の検見川浜店は5月頃に閉店となる見通し。イズミヤは2016年に、中国地方から撤退しており、今後は本社のある関西地方に投資を集中する方針。

 なお、九州では宮崎店(宮崎市)が1店舗のみ存在するが、今後の方針については、「現状では未定」とのこと。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル