流通NETIB

熊本市桜町再開発、多機能型施設で交通と交流の拠点化を目指す

2017年2月6日14:01

ns 2月1日、施設新築起工式が行われた、熊本都市計画桜町地区第一種市街地。竣工は2019年夏予定で、商業施設、バスターミナル、ホテル、住宅に加え、保育所や2,300席を設えたメインホールなどを収容する公益施設、屋上庭園などの多機能型複合施設となる。空港、鉄道駅、港と接続することで、九州だけでなく、日本各地やインバウンド客を呼び込む「地域・都市間の交通拠点」、熊本の新たなランドマークとして「観光・文化・情報の交流拠点」の確立を目指す。

 外観は、段丘上の商業デッキが屋上に繋がり、熊本城の茶臼山とつながりをイメージした低層部の庭と、公益施設とホテル・住宅が一体となった高層部で構成される。
 設計コンセプトは「おもてなしの庭」で、熊本城と庭続きとなっている。また、今回の開発区画にかつて存在した花畑屋敷の庭園である「陽春庭」の周辺環境を活用し、癒しだけでなく「現代の陽春庭」として、町に新たな活力を生み出すことを目標とする。

 商業施設のテナントについては現在リーシング中だが、地下1階から4階までの5階建てで、飲食店や物販店のほか、4階にはシネコンも入る予定。テナントは約150店舗となる予定で、九州初出店の店舗の誘致により、県内外から熊本を発信していく考え。

kmp

<INFORMATION>
熊本都市計画桜町地区第一種市街地再開発事業施設建築物
建築場所:熊本市中央区桜町3番13、14
敷地面積:30,266.83m2
駐車場:約840台
規模:地下1階~地上15階建て
年間集客予定人数:約2,500万人

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル