流通NETIB

熊本チキンが鶏肉で日本初のクラウドファンディング挑戦

2017年1月30日16:09

 熊本県山鹿市の食鶏処理・販売会社の(株)熊本チキン(本社:熊本県山鹿市、山内智雄社長)はこの度、クラウドファンディングに挑戦することを発表した。1月25日にスタートし、目標金額は50万円。

 クラウドファンディングは資金調達のほか、多くの人たちへ自社の商品やサービスを認知してもらう役割も果たしている。東日本大震災で被災した岩手や宮城の牡蠣生産者らが活用したことで知られるが、鶏肉では国内初の試み。

 同社によると今回、クラウドファンディングに挑戦したのは、地鶏・銘柄鶏食味コンテストにて最優秀賞などの賞を獲得した熊本県産ブランド銘柄鶏「肥後のうまか赤鶏」を全国に広めるため。主に東京をはじめとした地域に広めたい考えだ。

 一口2,500円から支援可能で、支援額に応じて同社の「肥後のうまか赤鶏」が送られてくる。詳細は下記をご覧ください。

◆熊本県産の赤鶏が復活!ブランド銘柄鶏「肥後のうまか赤鶏」を全国の人に広めたい!>>

kumamoto_chicken2

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル