流通NETIB

すかいらーく「セルフレジ」導入。会計待ち解消狙う

2017年1月26日14:16

selfreji ファミリーレストラン大手のすかいらーくグループが、セルフレジの試験的導入を開始している。ファミリーレストランとしては初の試みとなる。

 セルフレジはクレジットカードや電子マネーのみに対応しており、会計時に客が伝票を機械に読み取らせて支払いを済ませる。個別での会計は不可。
 通常のレジでは1会計につき約40秒かかるが、セルフレジだと約10秒から15秒程度で会計を済ますことが可能。客の会計待ち時間の短縮や、従業員のレジ対応時間短縮による接客サービスの向上を目指す。とくに、昼休憩の利用などで時間制限のある客が多いランチタイムは、入店や会計が集中し、待ち時間が長くなりがちな傾向にある。同社はこの待ち時間の解消に期待をよせる。

 セルフレジは、17日に「ジョナサン西新宿店」に導入され、24日に「ガスト日本橋店」、25日に「バーミヤン豊洲」で運用されている。今後の、福岡など他店舗への導入については、上記3店舗での実績を見ながらの検討となる。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル