流通NETIB

ふくや新社長に川原武浩副社長

2017年1月17日13:41

 老舗明太子製造販売の(株)ふくやが、4月1日付けで川原武浩副社長(45)を代表取締役社長に選任することがわかった。川原正孝社長(66)は代表取締役会長に就く予定。

 同社は、明太子の贈答品市場が縮小するなか、「明太子のり」や「ツブチューブ」など新たな需要掘り起こしに努めている。

 新社長となる武浩氏は、累計販売数200万缶を突破した人気新商品「めんツナかんかん」の企画・製造や、自家用明太子の卸売りブランド「ふくのや」の立ち上げなど新規事業に力を発揮した。

 20年ぶりの社長交代となる今回の人事。老舗メーカーに新しい風を巻き起こせるか。新社長の経営に注目が集まる。

【松ケ迫 美貴】

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル