流通NETIB

イオン江北店にMV九州の「ザ・ビッグ」導入

2016年11月4日14:32

 イオン九州(株)は11月30日、佐賀県杵島郡の「イオン江北店」をリニューアルし、食品売場にマックスバリュ九州の展開するディスカウント業態「ザ・ビッグ」を導入する。江北店は、周辺にコスモス薬品、ダイレックスなどのディスカウント店があり、イオン九州は「ザ・ビッグ」の導入で競争力を高める。

 イオン江北店は1993年3月にオープン。店舗面積は11,741平方メートル、食品売場の面積は2,292平方メートル。食品売場はこれまで直営だったが、すべて「ザ・ビッグ」となる。

 イオン九州の店舗に、マックスバリュ九州がテナントとして入るのは今回が初めて。江北店は実験店舗として、同店が軌道に乗れば、価格競争の激しい地域の店舗を対象に「ザ・ビッグ」の導入を進めていく考え。

(11月2日配信流通メルマガNo.2721号で掲載済、一部編集・加工)

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル