流通NETIB

商船三井、日本郵船、川崎汽船の3社で事業統合

2016年11月1日10:58

container-min (株)商船三井、日本郵船(株)、川崎汽船(株)の開運大手3社は10月31日、定期コンテナ船事業を統合すると発表した。

 2017年7月に新たに定期コンテナ船事業(海外ターミナル事業含む)統合を目的とした合弁会社を設立し、18年4月には営業を開始する予定。3社が統合すればコンテナの輸送能力世界6位、売上高2兆円を超える新会社ができることになる。3社の出資比率は(株)商船三井と川崎汽船(株)がそれぞれ31%、日本郵船(株)が38%で、「オールジャパン体制」で生き残りを目指す。

 貨物需要の低迷に加え、新造船竣工による船腹供給が増加し定期コンテナ事業の市場環境は悪化している。3社は新会社立ち上げにより、コスト削減等で年間約1,100億円の統合効果を見込んでおり、早期の収益安定化を目指す。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル