流通NETIB

西鉄、インドネシアで都市開発

2016年10月31日14:53

kensetu_img3 西日本鉄道(株)は27日、インドネシアで不動産事業を展開するBumi Serpong Damai 社と、阪神電気鉄道(株)、京浜急行電鉄(株)、三菱商事(株)、(株)海外交通・都市開発事業支援機構と共同で、インドネシアでの都市開発事業に乗り出すことを発表した。

 同事業では、インドネシア・ジャカルタ郊外の約19haの敷地に、約1,000戸の戸建住宅および商業施設を複合開発する。公共交通機関と連携したプロジェクトになる見通しで、2017年に着工予定。日系企業連合による出資額は最大で約100億円を予定している。

 近年、インドネシアでは経済成長と人口増加による中心市街地の地価高騰や交通渋滞を背景に、都心から郊外へと都市・住宅開発が広がってきており、ジャカルタ外郭環状道路など首都圏と結ぶインフラ整備も進んでいる。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル