流通NETIB

セブン&アイ、関西の百貨店3店舗を譲渡へ

2016年10月7日14:42

seven_hd (株)セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイ)は、阪急阪神百貨店を傘下に持つ関西地盤のエイチ・ツー・オー・リテイリング(株)(以下、H2O)と資本業務提携する。セブン&アイは、傘下の(株)そごう・西武の百貨店「そごう神戸店(神戸市中央区)」、「そごう西神店(神戸市西区)」、「西武高槻店(大阪府高槻市)」の3店舗をH2Oに譲渡し、百貨店事業を縮小する。

 セブン&アイはH2Oの約3%の株式を取得する。H2Oは、その取得額の約57億円分に相当する、セブン&アイ株の約0.1%を持つことになる。

 この資本業務提携で、百貨店業界の苦戦が改めて浮き彫りになった。セブン&アイは6日発表した中期経営計画で、「今後はエリア・業態ごとの『選択と集中』を進めていく」とし、百貨店事業は東京都心の店舗に集中する考えだ。これを皮切りに、九州の百貨店業界でも再編が進行していく可能性がある。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル