流通NETIB

九州スーパー販売動向 5カ月ぶりに増加

2016年9月9日16:07

supermarket2 九州経済産業局が8日付で発表した「九州百貨店・スーパー販売動向 平成28年7月速報」によると、7月の百貨店・スーパー販売額は前年同月比2.3%増の1,409億円となり、5カ月ぶりに増加した。

 そのうち、スーパー(395店)は1.6%増の886億円。前年に比べ土日が2日多かったことに加え、気温の高い日が続いたことから、夏物の衣料品や飲食料品が好調だった。

 また、熊本県内の百貨店・スーパー販売額は2.5%増の147億4,300万円。地震の影響で4月、5月は落ちこんだものの、復興需要や震災支援の影響で6月と7月は前年を上回った。

 同局は「7月は暑い日が多く、クリアランスセール等でさまざまな動きがあったものの、8月は逆に猛暑日が続いたことで客足が遠のき、消費には繋がらなかった。熊本は復興支援等でもうしばらく良い傾向が続くのでは」とコメントしている。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル