流通NETIB

ユニー・ファミリーマートHD発足、九州地区は勢力図変わらず?

2016年9月2日13:22

sunkus_2 (株)ファミリーマートとユニーグループ・ホールディングス(株)が1日経営統合し、持株会社「ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)(株)」が発足した。これにともないコンビニの国内店舗数は、ファミリーマート1万1,872店とサークルK・サンクス計6,251店を単純合算して約1万8,000店舗となり、約1万9,000店舗を展開する(株)セブン-イレブン・ジャパンに迫る規模となる。

 一方、九州地区では、セブン-イレブンが沖縄を除いた九州地方に2,083店を展開するのに対し、ユニー・ファミリーマートHD傘下のコンビニは1,780店。ファミリーマートが九州・沖縄地方に1,708店舗あるが、サンクスは九州地方で福岡に72店あるのみで、経営統合後も勢力図は大きく変わることはなさそうだ。一方で、各店舗の営業力の向上にどれだけ統合成果を発揮していけるかが追撃のカギとなる。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル