流通NETIB

久原本家が30日ベトナムに出店。福岡の味をアジアへ

2016年7月29日11:20

kubara-min 「茅乃舎のだし」「キャベツのうまたれ」などで知られる久原本家グループ(本社:福岡県久山町、河邉哲司社長)は30日、ベトナム・ホーチミンに日本料理店「KUBARA(くばら)」をオープンする。同社が海外に出店するのは初。同社は昨年10月、ベトナムに海外法人を設立。海外展開に向けた準備に着手していた。

 同社は福岡に拠点を置き、東京、大阪などの首都圏を中心に自社調味料店「茅乃舎」を展開し、事業規模を拡大。2015年6月期はグループ売上高約163億円を計上している。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル