流通NETIB

海外客が気付き始めた免税店間の価格

2015年11月27日10:50

kaimono 小売り各社の決算報告で好業績が散見される。多くが海外客による爆買いの恩恵を受けている。ところが流通関係者は「海外の消費者は年々日本の商品事情に詳しくなっている。これまでのようには行かない」と気を引き締める。あらかじめ様々な商品情報を入手した上で訪日する人が増えたのだ。多くがスマートフォンの画像を示し「コレが欲しい」と指定して購入していく。パッケージがリニューアルした商品を該当商品だと信じてもらえないことがあるほどだ。

 「今後はツアー業者と提携している店舗や、より大量に集客している店舗ほど大きな影響を受ける」と指摘する「ある店舗で、同じ商品が近所のドラッグストアより高くてクレームになったことがある。」(同)

 ツアー業者と契約する店舗は手数料が発生すれば価格転嫁はやむを得ないとみられるが、それが客足を鈍らせることにもなり得る。「メイドインジャパン」を振りかざし海外客を大量に集客するだけで売上の計算が立つ時代は終わりを迎えようとしている。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル