流通NETIB

(株)正夢 高齢者脅かす温熱治療器の訪販~(株)正夢に行政処分

2015年11月25日15:12

 11月24日、中国経済産業局は、家庭用温熱治療器および、低周波・電気マッサージ組合せ家庭用医療機器の訪問販売を行っていた(株)正夢(せいむ)(本社:福岡県久留米市、江村雄人代表)に対し、特定商取引法第8条第1項の規定に基づき2015年11月25日から16年5月24日までの6カ月間、訪問販売に関する業務の一部(新規勧誘、申込受付および契約締結)を停止するように命じた。また、岡山県、広島県においても11月24日付けで6カ月の業務停止命令を行っている。

 同社は、福岡県以外にも岡山県、広島県、大分県に営業所をもち、温熱治療器『びわ温究」や低周波・電気マッサージ機器『極楽仙人Ⅱ』の訪問販売を行っていた。中国経済産業局によると、同社の営業員は、高齢の消費者宅に訪問した際、売買契約の終結についての勧誘である旨を明らかにしない勧誘目的等不明示や「血管が詰まって将来、足を切らなければいけなくなります」「足が青くなっています。腐ってきていますよ」などと、消費者の恐怖を煽るかのような不実告知を度々繰り返していたという。また、クーリング・オフ期間内に解約を申し出た消費者に対して、クーリング・オフをさせないようしつこく説得するなどの迷惑勧誘・迷惑解除妨害などを繰り返していた。

 消費生活センターには、2012年年度以降、同社に対する相談が全国で約100件寄せられていたという。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル