流通NETIB

ファーストリテイリング15年8月期決算、過去最高業績 純利益48.0%増

2015年10月9日15:41

uniqlo (株)ファーストリテイリングの2015年8月期連結決算は、海外ユニクロ事業が好調で、売上高1兆6,817億円(前期比21.6%増)、営業利益は1,644億円(同26.1%増)、当期利益1,173億円(同48.0%増)と大幅な増収増益で、過去最高の業績となった。

 海外ユニクロ事業の売上高は6,036億円で前期から45.9%増収し、営業利益は433億円で31.6%の増益となった。中国、香港、台湾や韓国での業績が大幅に伸びた。東南アジアは前年並みで、アメリカではユニクロブランドの認知が遅れ、赤字幅は拡大した。
 また、国内ユニクロ事業は既存店売上高が前期比6.2%伸び、売上高7,801億円(前期比9.0%増)、営業利益1,172億円(10.3%増)。「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」など冬のコア商品が計画を上回る勢いで売れた、としている。

 ジーユー事業が含まれるグローバルブランド事業では、商品の企画力で顧客層が幅広い年齢層へ拡大したなどとして、売上高2,953億円(前期比17.6%増)、営業利益144億円(前期は営業損失41億円)となった。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックス | 決算の最新記事

  • MicroAdT用レクタングル