流通NETIB

ワイエスフード(株) ワイエスフード、餃子でポーランドに進出

2015年9月11日15:07

gyouza 九州および関東、東北地方で「筑豊らーめん山小屋」を展開しているワイエスフード(株)(本社:福岡県田川郡、緒方正憲社長)は、8月31日、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを展開している(株)アスラポート・ダイニングと、業務用食材を扱う(株)三久食品との3社で、和食材の製造・販売を手掛ける合併会社『Japan Food Alliance Sp.z.o.o』を設立すると発表した。

 第1弾として、欧州でも人気の高い和食材である「餃子」を開発する計画。ポーランド共和国の大手食品製造会社『QFG S.A.』と業務委託契約を結び、現地オペレーションにおいて全面的な協力を得る予定だ。

 合弁会社の資本金は、190万ポーランド・ズロチ(約6,100万円)。アスラポート・ダイニングが51%、ワイエスフードが34%、三久食品が15%を出資。10月30日に設立予定。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル