流通NETIB

ラオックス(株) 追い風吹く免税店、ラオックス

2015年8月19日11:52

 ラオックス(株)(本社:東京都港区、羅怡文代表)は、9月28日、マリノアシティに新規出店する。場所は、アウトレットⅢ棟2階、契約面積は459.35平方メートル。
 また10月上旬には大丸福岡天神店に出店する予定だ。場所は東館エルガーラ5階、契約面積は、212.2平方メートル。訪日観光客に人気の家電、ジュエリー、時計、化粧品など、メイドインジャパン製品が揃う。

 同社は、1930年東京都墨田区で創業された谷口商店が始まり。1976年に新社名をラオックス株式会社に変更。2000年代初頭には大手家電量販店のひとつとして、全国に149店舗を展開していくが、量販店間の競争に敗れ業績が悪化。2009年に中国最大手の家電チェーン店、蘇寧電器の傘下となった。同時に新しく就任した羅怡文社長の方針により、中国人をはじめとする外国人観光客向けの免税店として再建を図る。
 その後、国内の免税店展開や中国での店舗事業、蘇寧電器との貿易仲介事業を主力に事業立て直しを進めるなかで、尖閣諸島問題や反日運動などによる日中関係の悪化や震災という悪条件が重なり、業績は伸び悩んだ。
 昨年より、アベノミクスを背景とした円安や土産品の免税対象拡大に伴う訪日観光客の急増が後押しし、2014年12期に14期ぶりとなる最終黒字となった。

 8月14日に発表された2015年第2四半期決算は、売上高451億6,800万円で前年同期比約2.2倍となり、経常利益は49億7,500万円で前年同期比約19.3倍と中期計画を大きく上回った。今後の見通しとして、インバウンド市場は中国の株価暴落も物とせず、通期の業績を売上高700億から900億と上方修正した。同社は引き続き、全国に日本最大級の免税店ネットワークを構築し、メイドインジャパンの高品質な商品を武器に拡大展開していく。

<COMPANY INFORMATION>
ラオックス(株)
代 表:羅怡文
所在地:東京都港区芝2-17-17 住友芝公園ビル15階
資本金:226億円
URL:http://www.laox.co.jp/

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル