流通NETIB

イオンモールカンボジア2号店出店へ

2015年8月11日14:04

 イオンは2018年夏、カンボジア2号店を出店する。予定地はプノンペン中心部の北約10キロメートルの「PONGPEAY CITY Project」内。イオンは昨年6月にプノンペンに1号店を出店。年間で1,500万人の集客を記録した。イオンはアセアン内での展開を強化しており昨年はカンボジアに加えベトナムに2モールを出店。今年5月にはインドネシアに出店した。今秋にはベトナム3号店を計画している。

 イオンカンボジアのリーシングデパートメントマネージャー・蓑原邦明氏は「1号店は休日に5万5,000~6万5,000人の集客で想像以上。2号店は新興住宅街で富裕層が多数住んでおり有望な地域です。」と意気込む。カンボジア2号店は既存の敷地面積は10万m2。1号店の6万8,000m2をはるかに凌ぐ規模を活かしアミューズメントなどが強化される予定。

aeon

■計画概要
1.所在地:カンボジア王国プノンペン都PONGPEAY CITY Project区画内
2.敷地面積:約100,000m2
3.延床面積:約151,000m2(立体駐車場含む)
4.総賃貸面積:約70,500m2
5.駐車台数:車:約2,500台バイク:約2,000台
6.核店舗:AEON(GMS〔総合スーパー〕)
7.ディベロッパー:AEONMALL(CAMBODIA)CO.,LTD.
8.開店予定:2018年夏※施設概要、テナント構成などは、詳細が確定した後にお知らせします。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル