流通NETIB

流通業界、市場変化の臨界点(16)

2015年8月7日15:58

<業態際の崩壊>

z

 業態崩壊のわかりやすい例を、コンビニのチルドコーヒーに見てみよう。上の図は、コーヒー販売のポジションを示したものである。

 大手コンビニが予定している今年のチルドコーヒー販売量は、19億杯余り。国民1人が年間15杯飲むことになる。この影響を受けるのは、もちろん価格帯が重なる自動販売機である。
 自販機の缶コーヒー販売額は年間8,000億円前後とされているが、コンビニコーヒーはその平均単価を120円として、販売額は年間約2,300億円。昨年度の3倍前後の数量になる19億杯という数値が実績として現実になると、自販機はその売上の4分の1を奪われることになる。

 もともと自販機コーヒー販売者にとって、コンビニに設置している自販機は小さくない売上を占めていたはずである。その大部分がチルドコーヒーに取って代わられるということである。
 もちろん、チルドコーヒーが新規コーヒー客の開拓につながるケースなどもあり、自販機がそっくりそのまま影響を受けるということではないかもしれない。だが、それらを考慮しても、その影響は小さくはない。なお、コンビニとは提供スタイル(TPOS)と価格帯が違うコーヒー専門店は、その影響をあまり受けることはない。

 このコーヒーの例と同じように、スーパーマーケットもドラッグストアや宅配などの“侵入組”の影響を、避けることはできないのである。

(つづく)
【神戸 彲】

≪ (15) | (17) ≫

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル