流通NETIB

サカグチ、代表の大病克服を機に健康事業に新規参入

2015年6月12日13:04

メディカル・ビーマーマット (株)サカグチホールディングス(本社:福岡県糟屋郡、阪口敏弘代表)がこのほど、新しく健康事業部を立ち上げメディカル・ビーマーマット(製造元・生命エネルギー工業(株))の販売を開始した。

 サカグチHDは、不動産賃貸業、紳士服、ゴルフ、婦人服、宝石店で広く知られる。今回、健康産業へ参入した背景には、阪口敏弘代表が同商品で大病から劇的に立ち直ったという体験談がある。阪口代表は2012年から14年までの3年間に6回の入退院を余儀なくされた。同時に阪口氏に投与される薬は次第に増加。いつの間にか血圧、抗がん剤、ステロイド、睡眠薬など7種類を飲むようになっていた。こうしたなかで2年前にメディカル・ビーマーマットを知って使用を開始。すると即座に安眠できるようになり、いつの間にか睡眠薬や他の薬が不要になってきた。「当初は軽く見ていた」だけにあまりの効果の高さに驚いた。メディカル・ビーマーは宝石の一種トルマリン鉱石を原料に活用した繊維「ジュエル・ビーム・ファイバー」で作られている。洗濯して何回も使用することが可能だ。そこでその後は肌着や腹巻、枕、掛布団、手袋、靴下などあらゆる肌に触れるものに、同繊維で作られたものを取り入れている。患っていた喘息は完治。すべての薬が不要になった。

 阪口代表は自身の経験を機に周囲に体調で悩む人に積極的に同商品を紹介。脳梗塞やアトピーに悩む女性、うつ病やがん、リューマチ、関節痛など利用者から、克服の報告が続々と届いている。そこで同社は、より多くの人に健康を取り戻してもらいたいと健康事業部を発足。今回の本格販売にいたった。今秋には婦人服や紳士服を販売する予定だ。現在、代理店も募集中である。

エゴスキュー体験の様子 また、同社は米国発の痛み解消エクササイズ・エゴスキューの普及にも力を入れている。これも阪口代表の体験に基づくもので、ゴルフなどのスポーツにより手術が必要なほど悪化していた腰痛、脊柱管狭窄症、すべり症を自身で克服した。アメリカではジャック・ニクラスやゲーリー・プレイヤーなども体験し絶賛したという。専門トレーナーによる指導を1時間3,500円で実施しており、ゴルフのクラブチャンピオンを含め完治の報告が相次いでいるという。

<COMPANY INFORMATION>
(株)サカグチホールディングス
代 表:阪口 敏弘
所在地:福岡県糟屋郡志免町志免4-2-1
設立:1977年2月
資本金:8,000万円
TEL:本部092-935-0234/志免本店092-935-0300
    天神本店092-791-7263/ホームズイン香椎092-682-3756

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル