流通NETIB

博多リバレイン イニミニマニモ改称、より親しみやすい施設へ

2015年4月14日15:08

 大型複合商業施設・博多リバレインの「イニミニマニモ」(福岡市博多区)は6月12日、「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」へと改称する。同施設は、大手百貨店の(株)高島屋のグループ会社である東神開発(株)が開発・運営している。事業主体を明らかにするとともに、中核を担う商業ビルとしてのイメージ強化を図る考え。

 2012年の同社による完全保有以来、段階的にテナントの補充・入れ替えなどを行ってきた。14年の「アンパンマンミュージアムin モール」の開業後はファミリー層の客も増えており、改称の同日には、高島屋が手掛ける「タカシマヤキッズパティオ」を2階にオープンさせる。同社は「地域に根ざした、親しみやすく賑わいある施設へと再生を進めてまいります」とコメントしている。

博多リバレインモール by TAKASHIMAYA

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル