流通NETIB

スーパー業界特別レポート コスモス薬品の地場DgS首位は揺るがず

2015年4月6日15:49

コスモス薬品 (株)コスモス薬品(本社:福岡市博多区、宇野正晃代表)は九州のドラッグストア首位。医薬品、化粧品、日用雑貨のドラッグストア商材と食品などの生活必需品を低価格で販売する大型の「メガドラッグストア」を開発し、国内の流通企業ではまれな急成長を遂げている。

 2015年3月末時点で633店舗を展開。商圏人口を2万人から1万人へと引き下げ、九州地区のドミナントを強化すると同時に、中部・関西・中国・四国地区への出店も進め、西日本で圧倒的なシェア獲得を目指す。多くの同業他社とは異なり、M&Aはせずに自前主義を貫く方針。

 詳細は「2015年版 九州・沖縄地区 スーパー業界特別レポート」に掲載しております。同社ほか95社の情報を集約した当レポートのご購入を希望される方は、下記よりお申し込みください。

■レポート概要
「2015年版 九州・沖縄地区 スーパー業界特別レポート」(311ページ)
 定価37,800円
 IBクラブ会員は32,400円 ※ともに税込

お申込みはコチラ>>

 PDFをダウンロード後、弊社宛までFAXでご送信下さい。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル