流通NETIB

スーパー業界特別レポート エレナ、新業態は鬼に金棒となるか

2015年3月30日16:27

erena (株)エレナ(本社:長崎県佐世保市、中村浩代表)は、長崎県内の売上高トップ企業。1959年4月に創業し、2015年3月時点で佐世保市を中心に「エレナ」「エレナmini」「なかよし村」などの屋号で41店舗(FC店、TSUTAYA店舗、ダイソー店舗は除く)を展開している。

 生鮮3品の自社仕入・自社販売の姿勢を貫き、鮮度にこだわった商売で評価を得ている同社だが、新たな取り組みにも積極的。13年11月にはコンビニ型小型店舗「エレナmini」、14年11月には直売所と食品スーパーを融合させた新業態「なかよし村」を出店している。なかよし村はすでに2店舗を展開しており、4月の下旬には北波多店を開業予定。

 詳細は「2015年版 九州・沖縄地区 スーパー業界特別レポート」に掲載しております。同社ほか95社の情報を集約した当レポートのご購入を希望される方は、下記よりお申し込みください。

■レポート概要
「2015年版 九州・沖縄地区 スーパー業界特別レポート」(311ページ)
 定価37,800円
 IBクラブ会員は32,400円 ※ともに税込

お申込みはコチラ>>

 PDFをダウンロード後、弊社宛までFAXでご送信下さい。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル