流通NETIB

九州の食EXPO2015 第2回九州の食EXPO2015開催

2015年3月23日15:46

 20日と21日の2日間にわたって、北九州市の西日本総合展示場新館で「九州の食EXPO2015」が開催された。九州産の農林水産物や加工品の国内外への発信と質の向上、出店企業のプレゼンテーション力の向上、販路拡大と地域経済の振興を目的とした同イベントは、昨年に引き続き2回目の開催となった。昨年の出展企業数は156社だったが、今年は大幅増の204社が出展。1日目は出店企業とバイヤーが商談を行うビジネスデー、2日目は一般入場者が実際に商品を試食・購入できる販売デーとした。主催者は、「一般社団法人九州の食」と「一般社団法人九州の食EXPO2015」で構成される「九州の食EXPO実行委員会」で、共催は北九州市。

わが県自慢の逸品展会場内の様子

 開会式では、一般社団法人九州の食代表理事の川原正孝氏が、「生産者と一般消費者がともに学ぶ機会となれば」と語り、北九州市産業経済局企業立地・食ブランド推進担当理事の大川博己氏は、「来場者が九州の食を楽しみ、出展者やバイヤーの皆さんが素晴らしい成果を上げられることを願っています」と話した。経済産業省九州経済産業局地域経済部次長の成清四男美氏は、「国内の市場はどんどん小さくなるが、工夫を凝らして地方や日本全体の成長につながるように経済産業省としても微力を尽くす。みんなでがんばっていきましょう」と呼びかけ、農林水産省九州農政局経営・事業支援部次長の氣多正氏は、「九州の素晴らしい産品を認識し、販売につながる機会となりますことを期待・確信しております」と力強く述べた。

一般社団法人九州の食の川原正孝代表理事九州の食EXPO2015大賞を受賞した(有)アルファーの安部和美代表

 続いて行われた表彰式では、九州の食EXPO2015の出店企業のなかから九州の食にふさわしい商品がエントリーした約80社のなかから2度の審査を経て選ばれた。「九州の食EXPO2015大賞」には(有)アルファーの「竹千寿6本セット」が輝いた。入賞は、(株)ヤカベ「純生黒糖」、(株)アスリー「たもぎ茸」、(有)ふるせ「島原手延べ 生そうめん」の3社3商品となった。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル