流通NETIB

丸久 マルミヤストア 丸久とマルミヤストア、経営統合へ

2015年1月9日20:02

丸久のサンマート (株)丸久(本社:山口県防府市江泊、田中康男代表)と(株)マルミヤストア(本社:大分県佐伯市野岡町、池邉恭行代表)は、1月9日開催の両社による取締役会において、経営統合に関する基本合意書の締結を決議したと発表した。今後は詳細な協議を進め、今年3月下旬をメドに最終契約を結ぶ予定。

 経営統合は株式交換によって行われ、丸久が株式交換完全親会社、マルミヤストアが株式交換完全子会社となる。5月下旬に開催予定の各株主総会での承認後、7月1日を効力発効日として株式交換する。これにより、マルミヤストアは6月26日に上場廃止となり、丸久は一部機能を除く一切の事業を新設会社に継承し持株会社に移行する予定。現・丸久は「西日本リテール・パートナーズ(株)」(仮称)に商号変更し、スーパーの事業会社「(株)丸久」を新設し子会社化する。マルミヤストアも完全子会社となる。

マルミヤ 1954年設立の丸久は、東京証券取引所市場第二部上場企業。山口県を中心に大型食品スーパー「アルク」、2013年からは小商圏対象の小型スーパー「サンマート」などを展開している。一方、1972年設立のマルミヤストアは、福岡証券取引所上場企業。大分県南部を中心に「マルミヤストア」の屋号で食品スーパーを展開している。

 人口の減少や高齢化社会の進行に加え、業種や業態の垣根を越えた競争激化で、地場のスーパーマーケットは厳しい環境に置かれている。両社は地域に根差したスーパーマーケット同士の経営統合で、経営資源やノウハウを活かし、「商品」「人材」「店舗」の競争力強化を図る。両社の経営統合により、持株会社の連結売上規模は1,200億円を超えることが予想される。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ

スーパー 業界最新記事

一覧へ

  • MicroAdT用レクタングル