流通NETIB

激化する福岡のラーメン業界(4)

2014年10月9日16:59

<各地域の人気店も続々登場し、市場を活性化>

ra-men2 福岡には上場企業のラーメン店以外にも県外資本の店が存在する。札幌ラーメンの「味の時計台」(運営:時計台観光(株)、本社:北海道札幌市)は北海道を拠点に全国55店舗展開しているが、福岡県内では福岡市東区筥松に直営店を運営しているほか、FC店を飯塚市にて展開している。全国に店舗を持つ老舗の札幌ラーメン「どさん子」(運営:(株)どさん子、本社:東京都港区)は、福岡県では、久留米市と筑後市でのみ運営している。また、近年、「麺場 彰膳」の屋号で国内外において出店を行っている(株)トライ・インターナショナル(本社:千葉市美浜区)は福岡県内では4店舗展開する。

 テレビ番組などでたびたび取り上げられる「ラーメン来来亭」を運営する(株)来来亭(本社:滋賀県野洲市)は福岡県内で福岡市、北九州市を中心に8店舗展開、京都風醤油味の鶏ガラスープに背油を浮かせたラーメンを提供している。滋賀県大津市に本社を置く(株)天一食品商事が展開する「天下一品」は福岡県内で3店舗展開。こってりとしたクリーミーな鶏ガラスープが好評を博す。

 九州は豚骨系のスープが主体となるが、全国からも特徴のあるスープのラーメン店が多く参入してきている。地場の個人のラーメン店及び地場の大手、上場企業、県外の非上場企業などなど。多くの企業が工夫を凝らせた味でしのぎを削る。消費者にとって広がった選択肢が市場の活性化へとつながっていくものと思われる。

(つづく)
【矢野 寛之】

独自の切り口で福岡・九州の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB トップページ

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

トピックスの最新記事

一覧へ

ラーメン 業界最新記事

一覧へ

  • MicroAdT用レクタングル