流通NETIB

テーラーカミ こだわりのオーダースーツで勝負を(後)

2014年12月16日07:04

テーラーカミ (株)VOCEAN 店主 荒川 啓太 氏

<栄光と挫折、そして移動販売で再起を図る>

テーラーカミ 滑り出しは順調だったが、プライベートばかり充実させた反動で本業がおろそかになり、荒川氏の東京・六本木の「テーラーカミ」は経営不振に陥った。その後、閉店。荒川氏は「実家に帰るか、どうするか」と悩んだ。だが、ある人物との出会いを受けて、福岡の地で再起を図ることを決意。3年前に身一つでこの地にやってきた。
 店舗を構える資金もない荒川氏は自分の足で移動販売を行った。企業および個人の自宅を訪問し、バンチ(生地見本)と採寸メジャーだけで注文をガムシャラに取っていった。すると紹介が紹介を呼び、経営者、医師、プロスポーツの選手などと、志の高い方の間で輪が広がっていった。
 やがて念願の店舗を昨年末に構えることができた。さらに今年の12月にはテーラー歴40年のベテラン、波多野国昭氏という心強い仲間が加わった。波多野氏は「ギーブス&ホークス」の日本での店舗に務めていた経験を持つ。「ギーブス&ホークス」と言えば、「背広」の語源とも言われているイギリスのスーツ通り“サビルロウ”の一等地に店構えする老舗ブランドだ。今後はその波多野氏と2人体制で店舗運営を行う。

<夢はKami独自のスーツを世界に広めていくこと>

荒川啓太氏(左)と波多野国昭氏(右) 「仕事をする上で、相手が注目するのはスーツです。その人の着ている姿が印象に残ります。海外の政治家を見て下さい。スーツの着こなしもしっかりできていてカッコいいですよね。最近、巷では、低価格のスーツが増え、本物が減っています。私はオーダーメイドのスーツを広めて、世の中にカッコいいビジネスマンを増やして行きたいんです」と語る荒川氏。
 良いスーツには誰もが一目を置く。同社のオーダーメイドスーツは既製品とは違い価格も5万9,000円からと少々割高だ。だが、自分に本当に似合う物を作り、そこから得られる価値を考えれば、決して高いものではない。オーダーメイドスーツは相手に対して、「何かいつもと違うな」と思わせることで、着る人に自信を与える。自信がつくことで言動も変わる。イコール仕事においてもうまく進む、というように連鎖的に前向きな考えに繋がっていく。「私は人との出逢いやご縁だけでここまで来れました。本当に感謝しています。Kami独自のスーツによって、オーダーで仕立てたスーツの良さはもちろん、歴史や文化、着こなしを日本中に啓蒙していきたい」と荒川氏はこれからの抱負を語ってくれた。同店は完全予約制。興味のある方は下記までお電話を。

(了)
【矢野 寛之】

≪ (前) | 

<COMPANY INFORMATION>
代 表:荒川 啓太
所在地:福岡市早良区百道浜1-3-70
     ザ・レジデンシャルスイートホテル1階(旧ハイアット)
営業時間:午前11時~午後7時
TEL:050-3736-6855
店休日:水曜日

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

店舗の最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル