流通NETIB

フードウェイ ボジョレー、フードウェイで解禁

2014年11月20日14:12

ボジョレーヌーヴォーの解禁にあわせて作られた売り場 20日午前0時、フランスブルゴーニュ地方ボジョレー地区の新酒ワイン「ボジョレー・ヌーヴォー」が解禁となった。今年のワインの味をいち早く楽しめるということもあって、各地で解禁イベントなどが催されている。日本は日付変更線の関係上、世界で最も早く解禁となるため、本場フランスにも負けないボジョレー熱が高まりを見せている。

 気になる今年の出来だが、ボジョレー委員会の発表によると、「春は天候がよく温暖で最適な状態で開花。夏の間はやや水分が多い時期があったもの、まるでインドのように暑い日差しの日と涼しい夜が続き、まるで天気に後押しされていると思えるほどすばらしい条件がそろいました」とのこと。テイスティングでは、「フレッシュさが多彩な芳香を引き立てており、タンニンは繊細で完璧に溶け込み、絹のような舌触り。2014年はボジョレーのためにあったようなヴィンテージ!」との評価がなされており、今年のボジョレー・ヌーヴォーは上出来のようだ。

 「フードウェイ中洲食小町店」では、解禁前日の19日に店内入り口近くにボジョレー・ヌーヴォーの売り場を設置。午前0時と同時にお披露目となった。ボジョレー・ヌーヴォーの説明書きのポップが用意され、飲んだことのない人にも親しみやすい売り場となっている。午前10時に店を訪れたが、すでに売れたものもある様子で今年の売れ行きにも期待が高まる。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

店舗の最新記事

一覧へ

スーパー 業界最新記事

一覧へ

  • MicroAdT用レクタングル