流通NETIB

(株)サンリブ サンリブの1号店折尾が一旦閉店

2014年10月17日10:44

 (株)サンリブ 老舗スーパー(株)サンリブ(本社:福岡県北九州市、佐藤秀晴代表)の「サンリブ折尾店」(北九州市八幡西区大浦3-1-1)が来年1月に一旦閉店することがわかった。折尾店は同社が「サンリブ」の屋号で出店した1号店目だ。

 折尾店は、1981年5月1日に北九州市と水巻町の境である大浦にオープン。周辺には大黒天物産の「ラ・ムー水巻店」が出店するグランモールをはじめ、トライアル、ルミエールといった地場大手DSが軒を連ねる。

 折尾店は地上2階建てで本館と別館があり、本館の店舗面積は5,238平方メートル。リニューアルを行ったのは、今から約20年前の1995年9月。同社は、「店舗が大変老朽化している。周辺のお客様のためにも遠からず再開したい」とコメントしているが、再開時期は未定。

 なお、1号店を閉店する一方で、地盤である北九州地区への出店を続けている。2012年に「黒崎店」と「もりつね店」、13年に「曽根店」をオープンしたほか、14年12月の下旬に「小倉店」を出店する予定だ。

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

店舗の最新記事

一覧へ

スーパー 業界最新記事

一覧へ

  • MicroAdT用レクタングル