流通NETIB

大塚家具 半年で前社長が復帰。2人代表制に

2015年1月29日11:15

大塚家具 大塚家具は2014年7月に解任されていた大塚久美子氏の15年1月28日付での社長就任を発表した。創業者で代表取締役会長兼社長を務めていた大塚勝久氏は代表権のある会長に就任する。

 解任当時の理由は「機動的な経営判断を行うため」。役員陣は状況に応じた速やかな展開ができていないと判断したことになる。一方で今回の復帰理由は「経営管理体制を強化し両代表取締役のもとで企業価値向上を目指す」ことから半年間の管理体制に課題があったことになる。

 また、企業価値を見てみると久美子氏が解任された7月23日の株価は1,001円。昨日の終値は1,004円。ほぼ変化はなくむしろわずかながら上昇している。しかし、解任後好調に推移していた株価は14年11月6日には1,171円まで上昇するが12月24日、14年12月期の業績予想を下方修正すると1,106円から2日間で1,011まで下落してしまった。その後は1,000円を割り込んだ日もある。

 今回の人事で企業価値向上へ向けた業績回復が求められる。今回の発表で注目されるのは、「両代表取締役のもと」と2人代表を入れたこと。前回の解任時に身内による紛争説が浮上し大きく波紋を広げたが、今回の発表は協力体制を強調するためのものと見ることができる。いずれにしても14年12月期に営業損益段階で赤字転落する業績の回復が急務になる。

【鹿島 譲二】

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

人事の最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル