流通NETIB

(有)篠﨑一雄商店 乾椎茸南蛮からあげを博多の新名物に

2014年12月16日19:04

<「乾椎茸の南蛮からあげ」を食卓に>

乾椎茸の南蛮からあげ 乾椎茸を取り扱う老舗乾物店(有)篠﨑一雄商店(福岡市博多区)は9日、福岡とアジア間航路の玄関口、ベイサイドプレイス内のスーパーで同社が開発した「乾椎茸の南蛮からあげ」の実演販売を行った。
 乾椎茸の南蛮からあげは、乾椎茸を一晩水で戻して片栗粉をまぶし、180度の油でカリッと揚げてから南蛮タレを絡めたもの。乾椎茸の独特の食感と旨味を味わえる。今まで乾椎茸が疎遠だった方々にも受け入れてもらえる商品として、同社が自信を持って発売する新商品だ。乾椎茸の代表的な調理法といえば煮物だろうが、生産農家などでは乾椎茸を煮物以外に使うことは多い。試食者からは「乾椎茸のからあげとは、おもしろい味だ」「こんな食べ方があったんだ」などとの声が聞かれた。

 「乾椎茸は美味しいのに需要は減少している。もっと若者に乾椎茸を食べてもらえれば」と、開発者である同社の取締役の篠崎謙二さんは語る。利用時に水に戻す作業など多少の手間暇が掛かるが、戻し汁も様々な用途で調理に使える優れものだ。
 同社は12月17日(水)にもJR博多駅ビルのマイング内にあるスーパーマーケット「博多ステーションフード」で実演販売を行う。時間は正午から午後4時まで。ご興味がおありの方は、ぜひご試食を!

乾椎茸の南蛮からあげ パッケージ

【矢野 寛之】

<問い合わせ先>
(有)篠﨑一雄商店
住所:福岡市博多区板付5-9-40
TEL:092-572-0821

<参考>
かんぶつマエストロUMAMIちゃん広場(乾椎茸の時短戻しレシピ)

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

新商品の最新記事

一覧へ

注目商品・サービス 業界最新記事


  • MicroAdT用レクタングル