流通NETIB

大津屋 現地レポ 倒産の酒類卸会社・大津屋

2014年6月10日13:59

大津屋 「朝からたくさん人がやってきて何事だろうと思っていました」と、事情を聞き驚きを隠せない近隣会社の社員。9日朝、(株)大津屋(本社:福岡県嘉穂郡桂川町、田島宏康社長)が事業停止しているという一報を受け、弊社取材班が現地に向かったところ、門は固く閉ざされ、門に警告の張り紙があるのみで、敷地内に人影は見当らず車両等も既になかった。同社の代表取締役が同じく代表取締役を務める酒類販売店(福岡県飯塚市)にも足を運んだが、シャッターが閉まっていた。

 2006年8月、福岡市で「海の中道大橋飲酒運転事故」発生し、飲酒運転は厳罰化された。近年、酒類の需要は減少傾向にあり、若者のアルコール離れが進んでおり、酒類販売を行なう小売店や酒類を扱う飲食店は苦戦を強いられている。このようななかで、小売店や飲食店向けの地場酒類卸であった同社が厳しい状況にあったことは想像に難くない。
 

<流通メルマガのご案内>

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームでお申し込み下さい。

※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

NETIB流通 独自の切り口で流通業界の今を伝えるニュースサイト
 ※最新ニュースはコチラ⇒NETIB流通 トップページ


※記事へのご意見はこちら


― スポンサーリンク ―

倒産の最新記事

一覧へ
  • MicroAdT用レクタングル